CS関連書籍の独断書評?6

書評は、評価を本の題名等の後に星のマーク(☆)で、0〜5ケで表します。


書評第16号は (2017.11.19)
「逆境を「アイデア」に変える企画術」
〜 崖っぷちからV字回復するための40の公式 〜
(著:河西 智彦)宣伝会議(2017.9.29) 評価:☆☆☆
です。

私の所属する、とあるCS研究会にて「ひらかたパーク」のCS調査を行うことになったので、参考のために購入した本です。
CS本ではなく、広告を企画する人のための本です。しかし、話のなかにCSと通じるところがあったので紹介したいと思います。

この本の第2章では、必ず?成功する広告を企画するための意識を解いています。
結果を出すことを前提に広告を考えましょう、と説いており、広告の出すべき結果とは「何か」と読者に問いかけています。
では、広告の出すべき結果とは何でしょう?
それは「売上を伸ばすため」であると指摘しています。当たり前のことですが、この当たり前を忘れることが多い、というより、普通のことだと言われています。

では、CSでは出すべき結果とは「何」でしょう?
それは「お客様満足されること」でしたね。

CS≠「お客様を満足させること」
CS=「お客様が満足されること」

自社がお客様に提供できる価値を明らかにし、お客様に真摯に提供し続けることにより、お客様が満足される状態がCSです。
最終目的地を見誤らないこと。これが重要という指摘がこの本の価値だと思います。

ここまで褒めて、星3つの理由は、「ひらかたパーク」がV字回復した切り札の『岡田准一くん』が宣伝に出てくれるようになった秘話が書かれていないことです。 岡田准一くんが「ひらかたパーク」のある枚方市出身で地元愛で引き受けてくれたという話だけでは、本の価値は下がります。

目次に戻る