CS関連書籍の独断書評?9

書評は、評価を本の題名等の後に星のマーク(☆)で、0〜5ケで表します。


書評第25号は (2021.5.31)
「歓喜の歌」 博物館惑星V
(著:菅 浩江)ハヤカワ文庫(2021.4.25) 評価:☆☆☆☆
です。

私自身、愛読書群であるSF本にCSを見出すとは思ってもいなかった。
でも、最近は直接CSを謳った本は少なく、あったとしても、「これCS?」と思う本がほとんどであり、 今、日本はCSという概念が消し飛んでいる思っていました。
しかし、この本は、最後の部分で、これぞCS!という部分があったので紹介したいと思います。

この本は「永遠の森 博物館惑星」という2001年にSFの賞を受賞したものの続編で、 2020年に単行本が発刊され、今年、早くも文庫本化されたものです。
「博物館惑星」というサブタイトルが示しているのは、1つの小惑星を丸ごと博物館にしたということ。 この博物館で活躍する新人の学芸員と警察官(?)二人の話が展開されています。
では何故CSなのか?
この博物館の仕組みは、およそCSを向上させる体制が整っていないのですが、あまり登場しないがキーパーソンが存在し、 この人の言動を通じて、新人の学芸員が、何を志して仕事を進めれば良いのかを悟るという場面が最後の部分です。
著者は、「博物館・美術館など」に愛着を抱かれているのだと思いますが、きっと不満も多く持たれているのでは。 その不満を見事に解消するために必要な事が、実はCSであり、CSによるES獲得である、という文章になっています。
もっとも、CS本を書かれる気はないのだと思うのですが・・・

何を言っているのか分からないと思いますので、P.267から、ほんの少しだけ引用します。
「この地がまるまる芸術に包まれる、お客も自分も満足する、」
当然、この前後の語も含めて、一層、CSの概念が理解できるのですが、自分たちの努力で小惑星1つを丸ごと芸術で包むと、 お客様が満足され、そして、自分も満足を得られる。正に、CSとESを言い表していると思いませんか?
ついでですが、良くCSが先かESが先かの議論がなされますが、私は、CSが先、ESが後だと思います。
これは単純に、お客様が先、という理解では困ります。
「お客様が満足を得られたこと」を知り、その結果が自分の満足に繋がるというのが正しい理解だと思います。

星4つの理由は、SFだから、ではありません。
小説の設定だから仕方ありませんが、CSを向上させる体制がないのに、何故かキーパーソンだけは見いだせる、 という小説の設定が気に入らないからです。また、実は、博物館惑星シリーズは3冊あるのですが、ネットで購入した際、 最初の1冊は後から届いたので、一番最後に読みました。 そして、3冊目の最後の部分のCSに繋がる部分の意味が分かったのです。何も知らずに、最初の1冊を読まなければ、 きっとCSが見事に描かれていると思わなかったと考えたから1☆減点です。


目次に戻る